人生は、時々晴れ

野菜作りとCMについてのブログです。

<<夏野菜の定植  | ホーム | 春キャベツ>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長ネギのポットン植え 

2013.04.18

長ネギの苗を植えました。

通常の植え方で土寄せするスペースをとると、

わが家の畝では、わずかな本数しか植えられません。

三角ホーの柄で30㎝の穴を開け、苗をポットンと落としました。

これで90本ぐらい植えることができました。

元肥だけの追肥なし。どこまで育ってくれるだろうか。

0417-1.jpg

地上には葉先を少し出してます。

0417-2.jpg

にんじんが発芽しました。

最初の年は間引きがうまくできずに失敗したので、

なんとかうまく育ってほしい。

0416-2.jpg

0416-1.jpg

ブルーベリーに花。

0417-3.jpg

ニラの葉先を刈取りました。

現在、唯一の自給野菜です。

0415-1.jpg

0415-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こゆきさん 

こちらは、日中は18℃~20℃ぐらいまで気温が上がりますが、
最低気温が5℃~8℃の日があるので、
なかなか夏野菜を定植する気になれません。
長ネギは活着し、元気に育っています。
このやりかた、かんたんでいいですよ。

おはよう~ ございます♪ 

記事アップから日が経ってますが

ネギの成長はいかがですか_?

こちらは低気温の上 雨が続いてます。
道北・道東ではこの一週間雪だるまマークの天気なんですよぅ~

gerogeroさん 

初めてニンジンを作った時は、筋蒔きでした。
間引きの要領がまったくわからず、
中途半端なやり方をしてしまいました。
点播きにしたのは、この穴の中で、
最終的に一本に間引けばいいだろうと思ったからなんです。
手間はかかるかもしれませんが、この方法でやってみようと思います。

 

ニラの収穫の仕方がナイス!(^@^)
そうですよね、コレだと土が付いてこないし、再生するし…♪
人参の間引きが難しいのです…
私も失敗してからトラウマになっちゃって (大げさ!)
近々トライするつもりですが…こういう蒔き方もアリですね!

そらへいさん 

以前、にんじんの筋蒔きをしたとき、間引きがうまくいかずに失敗したことがありました。
株間をちゃんと空けずに育ててしまったんです。
点播きにしたのは、あらかじめ株間を決めておけると思ったんです。
本葉がでたら、マルチの穴の中を1本立ちにすればいいかなぁ、と。
今回は、播種後、強めに鎮圧し、発芽するまで不織布をかけていました。

 

人参は筋蒔きではないのですね。
発芽までが難しいそうですね。
私は初めて作った時が一番うまくできたのですが
家族の評判が悪くて、その後しばらく意欲失いました。
そのせいかどうかその後はあまりぱっとしません。
今年は気合入れて作るつもりですが
いつも畝の余った場所を利用する程度しか作りません。

HAL_Kさん 

越津ネギは中部地方の伝統野菜らしいですね。
ポットン式栽培は、長野のネギ農家がやっている方法らしいです。
穴が保温の役割をし、マルチで保護されているので水やりは一切不要で
梅雨や大雨があっても過湿にならずウネも崩れないとのことです。
ただ、元肥の加減がわからないので、そこだけは不安です。

 

おはようございます HAL_Kです。

ネギは面白い方法ですね。
こちらではどこも越津ネギなる品種を栽培していて、10本ほどを一株として育てます。
少量栽培では余りスペースを取らないので、庭先でも育てられてますよ。

ニラは直ぐに伸びるから地際でカットしてしまいますよ。
ニンジンの間引きが大変そう・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isozaki4322.blog.fc2.com/tb.php/350-400be5a0

 | ホーム | 

プロフィール

isozaki4322

Author:isozaki4322
実家近くの空き地に小さな菜園をつくり、野菜作りをしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。